HOME > 教材のご紹介 > オトナの上品な着こなし術
fashionm3.jpg

サンプルを読む(3日に1回、合計9回分のサンプルが届きます)。


紳士ファッションに年間10万円以上お金をかけられる男性で、有料メルマガにご興味のある方のみ、お読みください。先日、お客様から「届いたセール情報でいい買い物ができたので、(古市の)メルマガ購読料が1年分浮いた」という連絡をいただきました。

いただいたご感想です。

「メルマガで紹介されていた○○のダウンを買いました。定価○○万円なり。○○のブランドは雑誌で見て知っては居ましたが、こんな高いダウンジャケットを一体誰が買うんだ?と思ってたのに、まさか自分が買う事になろうとは!

メルマガでは、ダウンの評価基準である○○の解説からして下さり、なぜ自分が今までに持っていたダウンジャケットから小さいダウンが出てくるのかが良く分かりました。

てっきりダウンジャケットと言うものは全てこのような小さいダウンが出てくるものだと思っていましたが、違うのですね。安物は実は小さいクズダウンが詰め込まれており、ずっしり重い割には保温効果が無い。有難がって重いダウンジャケットを着ていたのに!

数多の高級ダウンジャケットのブランドを提示してくださりましたので、私はこれらを伊勢丹メンズ館で試着してサイズ感を確かめた後に、欲しい物をネット通販で購入しました。これまたサイズの揃っているサイトを教えて下さっており、なんとセールも開始されていて、定価の3割引きで購入できました。メルマガ代はすぐに回収できましたよ。

肝心の着用効果ですが、まずそんな高額な衣料品を着たことが無かったので、大変に気分が良いです。流石にイタリア製の高級ジャケットだけあって、見栄えが大変に良いですし、縫製や細部も今までのものとは段違い。これまたスーツとも合う。実家に帰省した時に、両親から『えらいカッコええのん着てるなあ、この成金が!』と言われました(笑)。

このメルマガを読んでいなければ、まず○○というブランドに注意が行かなかったですし、間違っても購入するなんて事はあり得なかったです。ですが、難関と勝手に思っていた高級ブランドも、思い切って購入してみれば満足度と費用対効果の極めて高い投資であったことがわかります。

お金の使い方は投資か消費しか無いと言いますが、安いジャケットを短期間で変えていくのは消費です。しかし、高級ブランドのジャケットを長い期間着るのは、これは投資と言えましょう。なぜなら 『見た目の大幅改善』の他に、『着用が楽しい』という大きなリターンが得られるからです。また、長く着れれば一回あたりの単価も下がっていきます。

服装を変えて自分を変えるのなんて、本当に簡単ですが、効果は絶大です。やってみて体感いたしました。いやあ、服装で簡単に自分を変えるのは本当に楽しいです。

ただ、自分でイチから始めると労力と投資が必要ですが、ある程度の道標を示してくれるこのメルマガは私のようなおしゃれ初心者には大変有難いです。イメージ的には当たりクジの多いくじ箱を用意していただいたような感覚です。次は紹介して頂いていた、1万円以上のポロシャツを買いますよ」 S様 男性

「このメルマガは、ひとことで言うと『価格ではなく、価値を重視したモノの見方を指南してくれている。』と考えております。確かに、紹介されている商品の『価格』だけ考えると『高いなぁー』と思うでしょう。

しかしそこで、なぜこれを紹介するのか、どうして価値があるのか、買った後どう着こなすか、同じ商品でお得に買えるところはどこか、など、売り手目線ではなく、買い手目線からの実践的な情報が得られます。

以前より、古市先生のファッション教材を購入しており、その費用対効果は体験済です。特に女性からの反応がビックリするぐらいで、『どうしたんですか?』と言われる始末。『見られていないようで、実は見られている。』と言う事を実感しました。

この購読を始めて良かったのは、『本当に価値がある生の情報』を得られるとともに、『今の自分にとって価値が有るのかと言うことを常に問いかけられている』と感じられる事です。実際にその問いを自分にすることによって、衝動的に購入して『よく考えたらこれはいらなかったな。。。』と言う失敗はなくなりました。

一例を上げますと、昨年の春物の、売れ行きの情報とそれに基いたSale情報より、狙っていた春物のパンツが30%引きで購入出来ました。今までだったら、定価で飛びついて買って、後で後悔していたでしょう。(笑)(自分のアホさ加減を露呈してお恥ずかしい話でもありますが。。。)

『大人』と言われる方々は中身もさることながら、外見にも投資をしておられます。賢く投資をするのであれば、実践して成功いる人から直接情報を買う事。これで我々の限られたリソース(お金・労力・時間)を有効に活用出来ます。そういった意味で、このメルマガのお得感はかなりあると思います」 Y.K.様 30代 男性

「費用対効果の高い教材です。うまく利用すれば、元が取れます。服に興味があっても、どこの店でどのブランドを買えばいいのか分からず 困っていました。

雑誌や本を読んでお店にいっても、買えずに帰ってきたことがありました。餅は餅屋という言葉のとおり、自分の力で出来ないことを素直に認め、プロの力を借りることが、近道だと分かりました。古市先生のアドバイスどおりに購入すれば、失敗は少ないと思います。

バーゲン情報など、お得な情報を定期的に教えてくれます。高価な物もありますが、流行に関係なく5年間愛用できる物があります。服装を変えることで、以前より自信がつきました。職場で、おしゃれな人といわれたことがあります。新しい世界を知りました」 K.O.様 男性

さて、私が好きな本に『ガチミシュラン 自腹・覆面で食べ歩いた星付きレストラン89+9』友里 征耶(著)というのがあります。グルメ評論家っていらっしゃいますよね。有名な方ですと、山本益博さんとか、テレビなどでご覧になったことがあるでしょう。

でも、友里氏(源氏名)は、山本氏などのグルメ評論家をブッタ切っているのです。「店主に顔が知られていたら、どうやってレストランや料理を厳正に評価できるの?」と。おっしゃる通りですね。

だって、あの有名評論家が来店すると事前に分かっていれば、いつもよりいい食材を揃えるでしょう。顔が知られていれば覆面調査的なことは絶対にできないのです。加えて、自腹で食べるならまだしも、無料で料理を提供してもらったらその店の悪い点なんて指摘できるはずがないのです。

つまり、グルメ・レストラン業界は、他の業界とまったく同じで、お金(料理)を出してもらっているスポンサーさんについてネガティブなことは絶対に言えないのです。すると、グルメ評論家は、1)顔が知られている有名評論家か、2)レストランに料理を提供してもらっている評論家の2種類しか存在しません。

加えて、食べログなどは、客のクチコミが載っていますが、広告料をもらって情報を掲載しているので、店主がスポンサーです。ですから、レストランのネガティブなレビューは掲載しません(私は何度か削除されています)。

悪い言い方をすると、レストランの美味しい、美味しくない情報に関しては、マスコミやネットで出回っているほとんどが、脚色された情報ということになります。そこで友里氏は、顔をオープンにしないで身銭を切ってレストランを食べ歩き、独自の辛口の評価をしているのです。

すると、ミシュランで星が付いているレストランでも、評価が低いレストランが多いのです。逆に、ミシュランで星は取っていないけど、同氏が高く評価するレストランがいくつか紹介されています。私は、同著で紹介されている星の付いていないレストランにいくつか行きましたが、確かに美味しいのです。

乱暴な言い方をすると、ミシュランの基準は料理の味、雰囲気、接客、清潔感など総合的に評価するのです。でも、逆の見方をすると、雰囲気はよくないけど、接客も清潔感も普通だけど、料理の味だけを評価したらピカイチというレストランが存在するのです。

さて、何で長々とグルメ・レストラン業界について話をしたかと言うと、ファッション業界もほとんど同じ図式なのです。結論から先に言うと、世の中に出回っているファッション関連の情報のほとんどが、脚色された情報なのです。だって、スポンサーさん、ありきですから。

すると、紳士ファッションに関して言うと(婦人ファッションも同様)、情報発信している人や機関は次の3つに大きく分類できます。

1. ファッション雑誌(雑誌の編集長など)
2. 街角でファッション・チェックをする方々(例:ドン小西さん)
3. 裕福な方でファッション・オタク系(例:峰竜太さん)

1のファッション雑誌(雑誌の編集長など)は、完全にスポンサー様々の状態です。必ずしも間違ったことを発信しているわけではありませんが、スポンサー企業のブランドのネガティブなことは一切書けません。

2の街角でファッション・チェックをする方々の場合、この色のパンツとこの色のシャツを合わせるといいとまでは言いますが、具体的にどこのブランドの何を買う、ということまでは言いません(言えません)。

3の裕福な方でファッション・オタク系の方々になると、ご自身でイタリアまで行って、スーツをオーダーするような人たちです。「こんな高いスーツやジャケットをオーダーしたぞ」系の情報が多い ために、一般人にはほとんど役に立ちません。

はっきり申し上げて、イタリア人はいい加減というか、細かいことを気にしないので、イタリアでわざわざオーダーしたけど、スーツがフィットしなかった、失敗したという人は意外と多いです。でも、この手の人たちは、オーダーして失敗をしたとは口が裂けても言えません。泣く泣く、「○○でオーダーしたウン十万円のスーツ」とか自慢するのです。

あなたがこの3つのグループの方々に、それぞれファッションについてアドバイスを求めるとどうなるか?

1のファッション雑誌(雑誌の編集長など)関係の方に聞くと、あなたの(センスに欠ける)ファッションをチラッと見て、「フッ」と鼻で笑ってまともに教えてくれません。彼らにとっての序列は、ファッションのセンスの順なのです。センスのいい人が上、センスがない人が下という基準です。彼らにとってファッションのセンスが悪い人は、動物並みの扱いです。

2の街角でファッション・チェックをする方の場合、ご自身が服を買うというよりも、衣料品の会社を経営していた人が多いです。ドン小西氏も服の会社を経営していました。ですから、コーディネートのアドバイスはできても、具体的にどのお店で何のシャツなどを購入するというピンポイントのアドバイスはしません。

3の裕福な方でファッション・オタク系にアドバイスを求めると、その人の服の自慢話を延々とされます(苦笑)。

結局、グルメ・レストラン情報と同じで、ファッションや服に関して正しい情報が世の中にほとんど出回っていないのが現状です。ならば、私が紳士ファッションの友里 征耶になろうじゃないのという話です。(^o^)

例えば、ファッション誌には、「このセーターは、最高の肌触り」とか書いてありますよね。でも、私の経験から、その商品がいい商品か、よくない商品かは、最低1シーズンは使ってみて、かつ1度は洗濯をしてみないと評価できません。

最初の肌触りはいいけど、半年でヨレヨレになって肌触りが悪くなったら、どうしますか? 何万円も出して買ったのに、コストパフォーマンスが悪い買い物になりますよね。逆に、金額だけを見ると高額だけど、何年も品質や風合いが落ちず、長く使えたら、こちらの商品の方がコストパフォーマンスがいいですよね。

「服のうんちくを語るほど、古市はそんなに買っているのか?」と思われそうですが、ここたった4~5年で・・・いや、ここはカット!

私の場合、全額ではありませんが、ファッション関連の教材を提供している関係で、一部が経費で落ちます。領収書を社員に渡すたびに、「また社長の病気が始まった、、、」という呆れたような視線に耐えながら、毎回、領収書を渡しています。σ(^◇^;) でも、相当詳しくなりました。

加えて、手前味噌ですが、私は勉強法をはじめ、自分の実体験を体系化して、お客様に情報として伝えるのが本業です。「ワシ、イケるんちゃう」と思っていますが、、、(『夢をかなえるゾウ』のガネーシャか!?)。

さて、今回ご案内する有料メルマガのタイトルは、『オトナの上品な着こなし術』にしました。

こうした背景には、私が「こりゃアカン」と思うのは、品がない着こなしだからです。腕時計は100万円以上するような高級品です。着ている服もブランド品です。しかし、トータルで見てコーディネイトがなっていない。要は下品なのです。

高価な服、腕時計、革靴でも、これ見よがしで着ると逆にダサいです。バブルの時の日本人の成金ファッション、最近、日本に訪れる中国人の成金ファッションと表現すればピンと来るでしょうか。上質な服を、上品に着こなす。これが意外と難しいのです。でも、楽しい。スーツを上手に着こなして昇進した人までいるし、、、。

対象者を正直に書きますね。

今までに中古のマンション一軒分くらいファッションに投資しているような方には、物足りない情報です。逆に、シャツやパンツの単価に1万円くらいしか投資できない方にも向きません。夏と冬のボーナス時期に、各5~6万円投資できる人には、おそらく向いています。

ある程度お小遣いに余裕がある男性や、子どもがほぼ成人して、自分にお金がかけられる40代以上のオトナの男性を読者対象にしています。ファッションに詳しくなく、どこからはじめていいか分からない方や失敗しない購入のコツ、またはピンポイントのセールス情報などを知りたい方にオススメです。

さて、『オトナの上品な着こなし術』のメルマガは、自社配信をして1,500円(税込み)にします。

年間で1.8万円の投資になりますが、上手に活用したら年間1.8万円以上、お得な情報が届きます。今回のセール情報のように。ですから、ある程度の金額を毎年購入する方でないと、十分なリターンが得られません。

月額2,500円(クレジット決済のみの定期課金方式)

対象者
・年間10万円以上、ファッションにお金をかけられる方

向かない方:
・お小遣い制で、奥様から毎月お小遣いをもらっている方
・年間で10万円以上、ファッションにお金をかけられない方
・シャツやパンツの単価2万円、スーツなら単価8万円以上の服にお金をかけられない方

お申し込みはこちら。
 ↓↓↓
btn_imasugu.png

関連教材
あなたを一瞬で変える魔法のファッションCD
婚活男子ファッション入門DVD
春夏ファッションDVD 2012
秋冬ファッションDVD 2013
ファッションセミナーDVD ビジネス編

注)
勘違いする人がいるので、書いておきますが、不定期配信です。メルマガを配信した時点で購読者になっていなければ読めません。

例えば、3月15日に購読を開始して、「3月14日までに配信した、3月分のメルマガがあれば配信してください」とリクエストされても、個別に配信できませんので、ご了承ください。配信したタイミングで、購読していなければ、読めない。購読している間は、配信されれば読めるというシンプルな契約です。

注2)革靴に関する情報は、この有料メルマガでは発信しない予定です。