HOME > 読者・ご利用者の声 > 僕たち、どうして勉強するの?
僕たち、どうして勉強するの?

読んで衝撃を受けました

「読んで衝撃を受けました。有名な著者がここまで本音をさらけ出してくれるのかと...。勉強の必要性を深く読者に理解してもらうため、おそらく自分(著者)にとっては恥ずかしいであろう過去や、自分の家族のことなどが多く書かれています。余計なお世話かもしれませんが、書かれた家族から怒られるんじゃないかと心配なほどです。勉強する動機を与えてくれるすばらしい内容であり、小学生から大人まで楽しめる内容です。かなりお勧めです」 小野様 北海道 30代 男性

目からウロコでした

「目からウロコでした。そもそも勉強する理由がなかった。ただ参考書を開いているだけの自分がいた。まず、この本を読み、動機付けをして欲しい。それから計画を立て、あとは実行するのみ。トライ&エラーの繰り返し。

勉強する目的のほか、人生に対する考えも変わる一冊。一度読むだけではもったいない。何度も読み返すべき。この本を繰り返し読むだけでも勉強の成果が違ってくる。親・学校の先生・塾の先生でも教えきれない内容が詰まっている 」K.H様 沖縄県 30代 男性

子供達にこの真実を知って欲しい

「古市さんが語る、勉強の真実。『読み書きができなければ、大人になってからできる仕事は、文字の読み書きの必要のない仕事だけに限られます。こういう仕事は当然、給料が安い。だから、読み書きができない人は、いつまでたっても貧しさから抜けられないことになります。』

このことは世の中で生きていく上で必要なことだと思います。しかし、子供の頃にこれに気づくことができる人はどれだけいるのでしょうか? 私は、なぜ勉強をしなければいけないのか、大学生になってからも時折考えていました。あの試験のためなのか、周りの目があるからなのか。でも、いまいちピンとこなかったし、結果が出ない。今後の仕事と学校での勉強の間の絶対的なつながりを見出せなかったからです。

この本は、そんな僕に勉強と仕事の関係を一から教えてくれました。勉強に答えを見出せない子供達に、この真実を知ってもらえたらどんなに良いことだろうと、そう思わずにいられません」 畠山幸雪様 20代 神奈川県 男性 

10代だけでなく大人も読んだほうが良い

「この本の対象は10代の方々ですが、大人世代が読んでも違和感が無く、むしろ読んだほうが良いと感じました。現在、私は娘が2人います。数年もすれば、義務教育がはじまります。そこで、子供達に「どうして勉強するの?」と聞かれた時、彼女たちが納得する答えを、私は導いてやれるのか?そう感じさせられた内容でした。その日のために毎日少しずつでも勉強し、お手本になれればと思っています」 T.T.様 大阪府 30代 男性

中学生の息子に絶対に読ませたくてこんな工夫をしました!

「中学受験を経て、初めての夏休みを前にしている息子へのプレゼントとなりそうです。息子は、とりあえず勉強方法も解らず遮二無二やってきただけで、頭の中は空っぽ(笑)。「僕、解体屋になるから中卒でいいの♪」と豪語する、一風変わっている個性派。

活字の世界や語学は嫌いではないのですが、勉強の楽しさや、そこから広がる世界をどうやって伝えよう?と模索している中、書店にて本書と出逢い、「これだ!」と、即購入。私自身、内容的に非常に親近感もありすぐに読了。

中1の息子に絶対に読ませたい!との思いから、上下の余白に赤ペンで、自分が考えていることや、補足(家族の姿など)もイラスト入りで描き加えました。さらに、各章の最後の空白ページに、内容のまとめを促す簡単な「問題」を書いておきました。より考えながら1章ずつ大切に読んで自分の中に取り込んで欲しいとの思いからです。

本は、その人の中にいかに効率的に、そして深く内容を取り込むか?で、「価値」が何倍にもなります。そういう意味では、本書は、ぜひとも繰り返し読みながら自分の「指針」を少しずつでも創っていくべき中学生に是非読んで欲しいと思いました。

今回、赤ペンでいろいろと書き込んで「我が家の想い」を付け加えたのは、単に活字を追うのではなく、より親近感を持ち、楽しみながら「自分が勉強する意味」をしっかりと考えて、自分の中に取り込み、血肉として欲しいと思ったからです。

日々の勉強がなぜ大切なのか?をここまで具体的に解りやすく紹介していただき、感謝感激です。ありがとうございました」 M.Y.様 神奈川県 40代 女性

赤裸々に告白されていることに感動いた

「前作「1日30分を続けなさい」以降すっかり古市さんの虜になってしまった私ですが、今回の「僕たちどうして勉強するの?」も大変面白くよませて頂きました。 古市さんの家族の話にはとても説得力があり、赤裸々に告白されていることに感動いたしました。ひとつこの本をバネにしてまた毎日頑張れそうな気がします」 佐々木様 北海道 30代 男性

なるべく多くの生徒に読んでほしい

「中学校で教員をしています。「どうして勉強するのか。」という問題に対しての答えは自分で探してほしいと思っています。勉強してみて、はじめてわかる意義もあると思います。でも、悩んでいる中学生は多いです。中学生に分かる視点で書かれているこの本は、学級文庫において、なるべく多くの生徒に読んでほしいと思います。自分なりの答えが見つかるヒントに、第一歩になること間違いなしです」 K.I.様 東京都 30代 女性

一番の大事なことがわかりました

「前作では勉強の具体的な方法はわかったのですが、今回の古市さんの作品では『なぜ勉強するのか?』という一番の大事なことがわかりました。この理由がはっきりしないと、モチベーションを維持するのは、難しいと思います。自分も、そうとはわかっていてもなかなかモチベーションを維持できないときがあります。そんなときは、古市さんの作品を読み返し自分の目標を再確認しています。これからも、よろしくお願いします」 T.G.様 東京都 20代 男性

自信を得た気持ちになりました

「なぜ勉強をしなければならないのか?という疑問に対して著者の経験にもとづいて、とても分かりやすく書かれています。私の実家は貧しく中学までしか行かせてもらえなかったので、正直今までは自分の境遇のせいにして勉強をしてきませんでしたが、この本を読んで勉強を少しずつでもやっていけば必ずスキルアップができるんだという自信を得た気持ちになりました。また、私が中学生の時に親に勉強しろと言われれば言われるほど勉強する気がなくなった経験から、中学生になった娘には勉強しろといったことは今までありませんが、どうしたら積極的に勉強に取り組ませるようにできるのか、という答えをずっとさがしていた私にとっては参考にできることがたくさんあると感じました」 S.T.様 静岡県 30代 男性

ぜひとも子供にも読ませたい

「古市さんの本を読ませていただくのはこれが3冊目ですが、どれも当たり前のことができていないと指摘している内容でしたね。確かに私もそのひとりでこの47年間何も努力せずに人生上手くいくと思っていました。しかし、古市さんのおかげで難関の国家資格が1発でとれ、社内での評価がグンと上がりました。これがきっかけで自信がつき、今では仕事に関したビジネス本を毎日30分必ず読んでいます。なお新刊については、対象が小中学生であるためとても読み易かったです。ぜひとも子供(高1)にも読ませたいです」 N.F.様 三重県 40代 男性

<< 前のページ 1/2