HOME > 読者・ご利用者の声 > 見えない身分制度
見えない身分制度

「あっ!」という間に元が取れた

「古市先生の教材は何度かお世話になっておりましたが暫くの間、趣味に興じており遠ざかっておりました。 そんな中、勤め先で部署異動となり新たな視点での取り組みが求められてきました。

お恥ずかしい話ですが、趣味に興じている間は勉強とのバランスを取る事をしていなかったので『新たな視点』がさっぱり浮かんできませんでした。少し前までは日に少なくとも30分は読書は仕事の事を考察する時間を設けていた自分を思い出して、もう一度仕切り直しを決意しました。

そんな想いを抱いた時に物事の真相を判りやすく諭してくださる先生の教材に今一度たどり着くのに、さほど時間を要しませんでした。当初は『身分制度? はて??』という先入観で拝聴していましたが 通勤・帰宅の運転中に聞き続けること約2か月で腑に落ちてくる点が多々ありました。

・配偶者は自分と同じ身分を選んでいる
・親と同じ道か正反対の道を選んでいる
・自分の身分を決める6つの項目
・異性の目からみた身分の判断方法
・『正しい事』と『得する事』の関係

特に勉強になったのは 『正しい事』と『得する事』の関係 で、今の職場は女性ばかりの職場で仕事の中での所謂『本音と建て前』をどう理解して欲しいか説明するのに四苦八苦していました。

そんな中、本CDで得た知識を元に部内で気難しいと評判の女性と時間をかけて話をし、業務内容に納得してもらい取り組んでもらったところ『あの上司は信頼できる!!』 とその女性が周囲に噂していると同僚から聞きました。

これには私自身がビックリしており、それ以来この女性のおかげで仕事がスムーズに進むようになり、上司からも高評価を得てボーナスがこの不景気時に『例年+α』を頂戴しました。先生の教材のおかげで『あっ!』という間に元が取れました。

ただ、少し困ったことが起きまして。 それ以来、社内他部署の気難しい女性への説得や社内で経営者の本音と建前を使い分けないといけない業務等において、常に『あいつにさせれば大丈夫』と私にその業務がまわってくるようになりました(笑)

先生の教材はいつも真相真理を明確についており、私のような凡人にも判りやすい言葉で気づきを与えてくれます。 これからも先生の教材にお世話になりながら自己研鑽を続け頑張っていく所存です。古市先生、本当に有難うございました。 これからもお体に気を付けて頑張ってください」Y.H.様 男性

世の中を生き抜く気概と知恵を持つことができた

「『見えない身分制度』を拝聴しました。今回は事業を展開してきたビジネスマンの父が娘に送る『遺言』としているだけに、率直であり、周到であり、これから世の中を渡っていく上で大変勉強になるお話でした。

なぜならそれは決してきれいごとのお話では決して済まされないからです。幼少期からキリスト教のカトリック教育を受けた曽野綾子先生もその著書のなかで、『現世はろくなところではない』『現世はどんなに惨憺(さんたん)たるところかということを、むしろ徹底して教えたい』と書いています。

神の愛を説くキリスト教の教えを受けたこの先生の世界観が、現実を直視するリアリズムを持つ古市先生と一致しているところには興味深いものがありますね。

要は言わんとしていることは、『この厳しい現実の世界を生き抜いていくためには、それ相応の覚悟をしなさい。そしてそれにもまして、この現世を渡っていく前に、人生の経験を積み、世の中の仕組みを知っている私たちの知恵のある言葉に耳を傾けなさい。なぜなら私はあなたを愛している。あなたには私たちと同じような辛い思いをして欲しくないから。』といったところでしょうか。

今のご時世、たとえ憎まれ嫌われても、本当に自分のことを思って真実のことを言ってくれる人が一体自分の周りにどれだけいるでしょうか。ほとんど皆無なのではないでしょうか。みんな自分の保身を考えて耳あたりのいい言葉だけ、上辺だけきれいごとに飾られた偽りばかりではないでしょうか。

この古市先生のお話は、この厳しい経済状況のなかで成功をおさめた事業家の言葉であるだけに、話されている内容に嘘がありません。私はこのような嘘ではなく、本当のことを言ってくれる方には投資するお金を惜しみません。

この教材を聴いてショックを受ける方もいるでしょう。しかし裏を返せば、最も格差が少なく、あらゆる権利が認められており、これほど豊かで恵まれている国はこの私たちが住む日本をおいて他にはありません。そのことに気付かされたことにもまた、二重の感謝です。

これは厳しいビジネス環境で人生を学ぶ事業家が、一人の父親として娘に送る一篇の詩でもあります。偽りのない現実を突きつける父の厳しさと、まぎれもない娘への本当の愛が、ここには確かにあります。

古市先生、今回こうして貴重な『遺言』としての音声を、教材として公開して頂きありがとうございました。人が残すべきものは財産や事業よりも一生の経験から学んだ人生の経験やノウハウの集積だと痛感しました。

おかげで世の中を生き抜く気概と知恵を持つことができました。この音声教材の内容を知らないままだと自分の人生はもっと惨(みじ)めなものになっていたかもしれません。そのことを思うと本当に感謝です」 T.S.様

ゲームのルールを知ることが重要

「最近読んだ本の中にアインシュタインの言葉がありました。『ゲームのルールを知ることが重要だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。』この教材のテーマは皆さん何となくわかっていることだと思います。資産、職業、出自、容姿など。全て人生というゲーム(表現が不適切なましれませんが)で展開を有利に運ぶ要素だと思います。

古市先生の教材のテーマには『現実を直視する』というものがあります。不況で給与が上がらないと言われながら日本の富裕層は増加しているという現実。大学生が上場企業を第一志望に上げ続けているという現実。婚活や合コンでは美人・イケメンもしくはおしゃれな人が相手をゲットしていくという現実。仕事ができる人ほど人間的にも大人で紳士的な人が多いという現実。

ここからは、自分のクラスをすこしでも上げることを意識しようと思います。そして次の世代に伝えようしなければいけないと思います。古市先生の教材をメンターにこの秋資格試験に挑戦致しました。結果はまだ出ていませんが、準備はきちんとできました。手ごたえはあります(笑)。これからも、先生の教材を励みにスキル向上に投資しようと思います。より身分を上げるために頑張ります。ありがとうございます」 K.S.様