HOME > ブログ > ひとりごと > 「幸せ」の定義
〈2018.04.22〉 投稿者 : yukio

「幸せ」の定義

hyoushi.jpg
「幸せ」って、どうやって手に入れるのでしょうか?

誰だって「幸せになりたい」と願っています。だけど、どういう状態が幸せなのか、「幸せ」の定義をしたことがないですよね。

新刊『敗者復活の「学問のすすめ」』で、読者がもっとも納得してくださったのが、私流の「幸せ」の定義です。

実は、出版予定だった出版社の営業部長さんと会ったときに、お子さんがいらっしゃるその営業部長も、この「幸せ」の定義に感心・納得してくださいました。

お子さんがいらっしゃる方なら、誰だって「子どもには幸せになって欲しい」と願っているはずです。しかし、どういう状態が「幸せ」なのかが、ボヤーッとしてわからないはずです。

Amazonに掲載されているレビュー:
「幸せとは、突き詰めると『選択肢が多いこと』に、新たな気づきを得ました。私には今年中学生になった娘がいます。

その娘にこれだけわかりやすく、そしてなにより本音で、社会の仕組み、ルール、人間関係、その中で『幸せ』になることをテーマに話せるかなと、自問自答しながら読みました。(中略)

一方で、娘もこの歳では真剣には聞いてくれはしないだろうとも感じました。

だから、娘の選択肢を増やすきっかけを、環境を、少しでも整えること、あるいはその姿を見せていくことを決断しました。そして、いつの日か、その選択肢に娘が気づいてくれることがあれば、うれしいと思います。

うーん、もっと早く知りたかったなぁ。でも人生100年時代、今からでも十分間に合います。なぜなら、ここに書いてある仕組みとルールを知り、その方法を実践しさえすれば、選択肢が増えるのですから」

ほかのレビューについては、Amazonのレビューを読んでください。『敗者復活の「学問のすすめ」

著者 古市幸雄