HOME > ブログ > 2011年10月
【カテゴリー】 ひとりごと

スティーブ・ジョブズ氏など伝説の経営者について

スティーブ・ジョブズ氏が先日亡くなった後、伝記や映画が出版や公開されるようです。賞賛に値する経営者であったことは間違いはないのですが、このような自伝や書物で気になる点は、光の部分しか伝えられないことです。

日本の場合、「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏の場合もそうでしょう。基本的に亡くなった方の悪口は言いませんし、伝説の経営者となるとなおさらです。要は、きれい事しか表に出ないということです。

こういう伝記や映画を見て感動するのは各自の自由ですが、それが本人のすべてではない、陰の部分もあるということは、頭の隅に置いておいた方がいいでしょう。