HOME > ブログ > 2010年03月
【カテゴリー】 ひとりごと

日本から仕事が消えている

「日本から仕事が消えているよ」と『リターンを得るための戦略的勉強法CD』で話したことが表面化してきました。この記事を読んでください。「パナソニック採用1390人、海外比率最高の8割に

「仕事がない」と文句を言ってみたところで、単純作業の仕事は安い海外に逃げていきますし、あったとしても単純作業をやりたがらない日本人が多い。かと言って、高度な仕事ができなければ、そりゃ仕事は見つからないでしょう。ですから、「戦略的に勉強しないとリターンは得られませんよ」と同CDで話しています。

【カテゴリー】 ひとりごと

博士号を取得も仕事がない

新しい教材『リターンを得るための戦略的勉強法CD』で、「博士号を取得しても就職先がない連中が多い」と話しましたが、この報道は、私が警告していることそのまんまじゃないですか!? だから、「戦略的に考えて勉強しないとリターンは得られませんよ」と強調しています。
【カテゴリー】 書籍関連

電子ブックの勝負を決めるのは?

電子ブックでアマゾンのキンドルが勝つか、アップルのiPadが勝つかという議論をしていますが、勝負のカギはコンテンツ、つまりソフトが勝負。電子ブックで読めるコンテンツを早く、多く充実させた方が勝ちます。ゲームの世界でも同じでしょう。iPadの圧勝になるという見方もあるようですが、どうなるでしょうか。
【カテゴリー】 ひとりごと

「非正規」男性、結婚に困難?

「非正規」男性、結婚に困難』とありますが、非正規だから結婚が難しいのではないでしょう。年収が低いから、そうなるんですよね。収入が少なければ結婚しづらいのは、古今東西を問わず同じでしょう。逆に、年収が低いほど結婚率が高い国や文化ってあるのでしょうか?

だから、「稼げるようにきちんと勉強しようね」と『僕たち、どうして勉強するの?』で書きました。非正規がいけないのではなくて、稼げないのがいけないということになる。ちなみに、私は非正規です。毎月、決まったお給料が振り込まれる保証はありません。

男性が結婚できない理由については、『男子限定セミナー』で話しています。ご興味のある方はどうぞ。

【カテゴリー】 書籍関連

電子書籍に統一規格?

電子書籍に統一規格』の記事。「国が関与して国内ルールを整えることで、中小の出版業者の保護を図る狙いがある」と書いてありますが、保護って具体的に何ですか? 

実は、これは天下り先を作る口実に使われることが大半です。国内ルールを整えて日本だけの統一規格なんて作っても意味がない。なぜなら、主流になる電子ブックリーダー端末が事実上の世界規格になるのだから。 今までもマイクロソフトのWORDのフォーマット(.doc)しかり、MP3規格(.mp3)でもしかりです。

例えば、日本だけで文章作成ソフトの規格を『一太郎』に統一していたら、中小企業の保護になり、今頃私たちは『一太郎』だけを使っているのでしょうか?さらに、海外との添付ファイル文章のやり取りで、一太郎を使っているのでしょうか?

他にも、もし、ゲームの業界で国内規格を統一していたら、任天堂WiiとSONYプレステは保護され、消費者にメリットはあったのでしょうか?

そんなわけありません。一番普及した規格が世界標準になるのです。コンピュータのOSでも、国産OSが使われず、WindowsとMac OSだけが使われているはそのためです。

さらに、「出版関連業界は中抜きにされる恐れがある」とありますが、中間業者をカットするのは、最終的に低価格で提供するための手段です。これで企業は利益を上げ、かつ消費者も恩恵を受けています。DELLコンピュータやユニクロの商品がいい例です。

これは時代の流れですね。時代の流れに逆らって成功したためしがない。ですから、失敗することががほぼ決まっている国内規格の統一に無駄な税金が投入されることになるでしょう。

<< 前のページ 1/2